ABOUTスマラボとは

メーカー横断で展示する、
最先端のリアルRobot × IoTショールーム

第四次産業革命とも言われるSmart Factory化を実現し、
現在の製造業界が抱える課題を解決するためには、
その最先端のRobot × IoT技術が集結したショールームと育成機関が不可欠と考え、
Smart Factory Conductor Laboは誕生しました。
その場で体験して購入することもでき、日本のSmart Factory化に貢献していきます。

現在の製造業界が抱える課題
生産年人口の減少/工場の人手不足/ロボット・IoT化/成功事例がわずか
技術者のスキル・人数不足/簡単導入・体験の場が必要

ConceptSmart Factory Conductor Labo のコンセプト

  • 1最新Robot × IoTのリアル事例体験
  • 2実践的なシステムインテグレーター育成
  • 3マルチメーカー&ソリューションの展示

紹介動画

Smart Factory Conductor Labo 運営会社

Smart Factory Conductor Labo
運営会社

NEWSニュース

EXHIBITION展示紹介

  • 物流ゾーン

    1ティーチレスデパレタイジング

    サイズ:
    5m×5m×3.5m
    メーカ:
    安川電機/MUJIN

    MUJIN製コントローラを使用した、ティーチレスなデパレタイジングロボット。次元カメラでダンボールの位置を把握し、軌跡を自動計算してコンベア上に搬送。大きさが不均一な段ボールや荷姿でも、人が搬送するのと同様の作業が可能。

  • 物流ゾーン

    23Dトラッキング物流仕分け

    サイズ:
    3m×3m×2.2m
    メーカ:
    EPSON/リコー

    移動式でコンパクトなロボット。コンベヤ設置で部品仕分けが簡単になり、人が行っている作業も簡単に置換え。リコー製3Dカメラを使用して高速に撮像し、3D部品をトラッキング。大きさと高さが統一でない製品のピッキングも可能。

  • 物流ゾーン

    3自動搬送

    サイズ:
    1.1m×0.5m×0.8m
    メーカ:
    TOYOTA L&F

    Cognex製画像処理装置を使用してラインサイドに設置し、検品作業を実現。ローコスト、コンパクト設計、磁気テープを使った走行パターンプログラムをエクセルで簡単設定。積載200キロ、牽引搬送500キロと実務に即した仕様を実現。

  • 自動車・機械ゾーン

    4画像嵌め合い

    サイズ:
    3m×3m×2m
    メーカ:
    EPSON

    EPSON製の画像処理を使用し、従来はあまり多くなかった2つのワークを2台のロボットで協調作業で嵌合動作することが可能。コントローラ1台で複数台のロボットを総合制御し、今までよりセットアップも簡単で、現場への導入が容易。

  • 自動車・機械ゾーン

    53Dばら積みピッキング

    サイズ:
    5m×5m×3.2m
    メーカ:
    FANUC

    FANUC製の3Dカメラによってスキャンを行います。外部システムにデータを送って画像分析することなく、ロボット自身が画像分析を行うため、ティーチレスにてコンテナの中のワークをバラ積みピッキングすることが可能。

  • IoTゾーン

    6稼働監視

    旧式の設備にも対応することができ、IoT化への第一歩を実現するスモールスタートパッケージ。改造不要でリスクもなく、信号を横取りできる「信号横取りセンサ」などと組み合わせることで、信号出力できない設備にも対応。

  • IoTゾーン

    7予知保全

    振動センサを活用したモーター、ポンプなどに実績豊富な予知保全パッケージ。6軸センサ(加速度+ジャイロ)を用いることで、加速度センサだけでは検知しにくい偏心や摩耗による異常も検知。NGデータ無しで分析でき、すぐに導入可能。

  • IoTゾーン

    83Dピッキング+ORiN

    サイズ:
    3m×3m×2.2m
    メーカ:
    DENSO/キャノン

    ORiNを使用してデジタルツインを実現した3DピッキングロボットのIoTシステム。PC1台でロボット、画像処理、バーコードリーダー、搬送を制御。(ORiN:通信インターフェース・ミドルウェア。異なるプロトコルの機器を簡単接続)

  • ロボット+クラウド

    93Dピッキング+ORiN

    サイズ:
    3m×3m×1.5m
    メーカ:
    ユニバーサルロボット

    「ロボット」と「人・モノ」と「センサー」そして「データ」の連携を、手間をかけずに簡単にセキュア接続することができる、高次元のクラウドシステム。複雑だったIoT化へのハードルを下げて、その導入を容易に実現可能。

  • IoTゾーン

    10協働型ロボ+AGV

    サイズ:
    3m×3m×1.6m
    メーカ:
    ユニバーサルロボット/日本電産シンポ

    ガイドレスなAGVの上に協働ロボットを乗せた自走式ピッキングロボット。手首部分に取り付けてあるカメラにより、ワーク把持位置を自動補正。工場のレイアウト変更時に磁気テープの張り直しが不要なため、簡単にルート変更が可能。

  • 食品ゾーン

    11お弁当盛り付け

    サイズ:
    3m×3m×2.1m
    メーカ:
    EPSON/ENSENSO

    3D画像センサーにより食品の位置や種類をロボットが識別(立体識別)し、様々な食品をお弁当に盛り付け。食品によってハンド変更が可能で、衛生面も万全。さらにハンドには荷重センサーがついていて、瞬時に食材の重量を測定。

  • 食品ゾーン

    12移動式おにぎりばんじゅう詰め

    サイズ:
    3m×3m×2.3m
    メーカ:
    EPSON

    無線によって3つの移動式ロボットが1つのユニットのように協働作業することで、おにぎりをばんじゅう詰めすることが可能。用途によっては1つの工程ずつ置き換えることができ、移動式にする事により、簡単に現地に設置可能。

  • 食品ゾーン

    13モデルレス3Dピッキング

    サイズ:
    3m×3m×1.6m
    メーカ:
    三菱電機

    三菱製の3DカメラMELFA-3D Visionを使用して、ティーチレスにて段ボールの中からワークを取り出すことが可能。ロボットは簡単に移動することができ、安全性を担保するセーフティレーザースキャナを装備し、安全柵無しで動作可能。

CONTACT来場予約/お問い合わせ

ご入館は事前の登録制となっております。お電話いただくか、下記フォームよりご連絡ください。
お申し込み・お問い合わせへのご回答は、基本的に当館営業時間内の対応とさせていただきます。
お問い合わせ内容により、返答までにお時間をいただく場合や、お電話にてご連絡させていただく場合もございます。

スマラボ見学希望の方への注意事項
  • ・公開はツアー形式での展示物のご紹介、セミナーがセットになり合計2.5時間を予定しております。
  • ・見学は完全予約制で毎週金曜14:00~を中心に設定しております、ご希望日をお問合せフォームよりご選択ください。
  • ・ご予約確定の返信メールを持って、見学ご予約とさせていただきます。
  • ・公開は「IoT/ロボット導入をご検討される企業」を対象とさせて頂いております。
    そのため、誠に勝手ながらお申込み内容によっては来館をご遠慮頂く場合がございます。
  • ・複数名様でお申し込みの場合も、必ずお一人様ずつのご登録をお願いいたします。
  • ・5名様以上でご見学を希望の場合は、ご予約の前に「お問合せ内容詳細」にてご相談ください。
  • ・スマラボ内で発生した一切の事故や怪我・病気などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。
  • ・具体的なご相談がございましたら、備考欄にその旨ご記入ください。

プライバシーポリシー

お電話でのご連絡

Tel.03-6453-6761(FAプロダクツ内)
【営業時間】10:00〜18:00(土日祝日除く)

ACCESSアクセス

ご入館は事前の登録制となっております。上記フォームよりご連絡ください。
また、メンテナンス等により開館時間が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

  • 営業時間
    平日 10:00~18:00
    休館日
    土・日・祝
    住所
    〒329-0216
    栃木県小山市東間々田3-23-23
  • 駐車場
    TEL
    03-6453-6761 (FAプロダクツ内)
    最寄り駅
    JR 東北本線・JR宇都宮線
    「間々田駅」
    ※東口より車で5分・徒歩15分

協賛企業